①トイレの流れが悪い!~原因と対処~

鹿児島水道サービス かすいさーが修理するトイレ

水は流れるが時間がかかる、一度に便やトイレットペーパーが流れず、何度も流さなければいけない・・・これはトイレつまりの軽度な症状といえます。
なんらかの理由で、便器または排水管に異物が水の流れを妨げている、またはトイレタンク内の水量の減少などと推測されます。
しかし、一部の水路がふさがれているだけなので、スムーズではないけど、とりあえず水は流れるという状態です。
使用することはできるので放置されがちですが、これは事態を悪化させる可能性がありますので速やかな対処が必要です。

【タンク内の水量が少ない場合】

一度タンクの蓋を外して、水量を調節する必要があります。
タンク内でチェックする箇所は

・浮袋(劣化していないか、きちんと設置されているか等)
・フロートバルブ(フロートバルブの周辺が原因の場合は、止水栓をマイナスドライバーで閉め、タンク内の水を抜き設置しなおす、劣化の場合は交換する)

【水量はあるのに流れが悪い場合】

タンク内に問題がないのに流れが悪い場合・・・
排水路や排水管の詰まりが原因の可能性があります。
排水管の手前にある排水路に異物がある場合は「ラバーカップ」で解消することができる場合があります。
排水管などの奥の方に異物や汚れが詰まっている場合はラバーカップなどで解消することは困難ですので、すぐに修理依頼をしましょう。

②ポタポタ蛇口の水漏れ~原因と対処~

鹿児島水道サービス かすいさーが修理する蛇口

「蛇口を締めているのにポタポタと水が垂れてくる・・・」 蛇口の水漏れは、水まわりトラブルの中でも非常にご依頼が多いトラブルです。

しかし、原因や修理方法を知っていれば自分で簡単に修理できる場合もあります。
水漏れは水道代に影響しますし、放っておくと水漏れはひどくなり、壁や床を傷める原因になるので早めに対処しましょう。

【蛇口の種類】

蛇口と行っても種類や大きさ、形も様々です。種類によって修理方法は異なります。 種類は大きく分けて3つ

〇単水栓
ひねると水が出るだけの蛇口
〇ハンドル混合水栓
〇シングルレバー混合水栓

水とお湯両方を出して、なおかつ水とお湯を好きな割合で混ぜる事が出来る為「混合水栓」と呼びます

【なぜ水が漏れるのか】

蛇口を設置してすぐに水漏れが起こる事はほとんど考えられません、
ですが、設置から10年前後で水漏れが起こるケースが多いようです。時間経過によって各パーツが劣化することが水漏れの原因と考えられます。
水圧によってパッキンやこま、バルブなどに負荷がかかり時間の経過とともに摩耗や変形等がおこり密封できず漏れ始めるという事です。

劣化したパーツの交換

劣化しているパーツがある場合は交換するのが最適な対処!
蛇口からパーツと外し、ホームセンターまたはネットショップなどで同型のパーツを探しましょう。
型が古く取扱いが無い!などの場合はメーカーへ直接問合わせる、または修理依頼をしましょう。

水まわりのトラブルはかすいさーへお任せ下さい!

  • 水道サービス 株式会社ジーエス スタッフの似顔絵

こんなお困りの時はすぐにお電話ください!

対応エリア

【宮崎】 都城市・小林市・えびの市・串間市・日南市・三股町・高原町
【熊本】 熊本市・合志市・上益城郡・菊池郡・熊本県全域
【鹿児島】 鹿児島市・姶良市・霧島市・鹿屋市
株式会社ジーエス 水道サービス

かすいさーでは、作業前にお見積りを提示しお客様にご納得頂いてから作業を開始致します。

水道局
指定工事店

鹿児島のお客様

鹿児島水道サービス

宮崎のお客様

宮崎水道サービス

熊本のお客様

熊本水道サービス

プライバシーポリシーはこちら

このページの先頭へ